自分に合う方法はどれなのか

金融機関に相談すると、融資を受けられます。 資金調達におすすめの方法ですし、他の方法に比べて資金が手元に届くまで早いです。 うまく資金調達を済ませるために、希望する条件に一致する金融機関を選びましょう。 複数の金融機関を調べて、特徴を比較してください。

返済しなくて良い方法

補助金や助成金は、返済しなくて良い面がメリットです。 資金調達の良い方法なので、自分が使える補助金や助成金がないか調べてください。 ただ資金が手に入るまで時間が掛かるので、必要だと思ったら早めに申し込みましょう。 普通は申し込んでから、1年ぐらい掛かります。

魅力的な返礼品を考える

クラウドファンディングという方法で、資金調達ができます。 こちらは出資してくれた人に返礼品を渡すので、何が良いか考えてください。 返礼品が、成功を握る重要なカギになると言われています。 魅力的な返礼品があれば、たくさんの人が出資してくれるでしょう。

足りない金額を融資してもらう

早く資金調達をしたいのであれば、金融機関に相談してください。
審査を受けて通過できれば、融資してくれます。
どこの金融機関に相談すれば良いのか、よく考えてください。
それぞれの金融機関によって金利や借りられる上限額、審査の難しさが変わります。
また融資された場合は、返済しなければいけないことを忘れないでください。
ですから、返済できる金額を融資してもらうこともポイントです。

住んでいる地域に、補助金や助成金がないか探しましょう。
会社を経営している人が利用できる補助金や助成金があれば、ぜひ利用してください。
補助金や助成金は、資金をもらえます。
金融機関からの融資のように返済しなくて良いので、負担を削減できますね。
ただ、利用できる人の条件が決まっています。
自分が使える補助金や助成金を探さなければいけませんし、申し込んでから資金が手元に届くまで時間が掛かるケースが多いです。

クラウドファンディングを利用して、資金調達をしても良いと思います。
こちらも補助金や助成金と一緒で、お金を出資してくれた人に返す必要はありません。
しかし、代わりに返礼品を渡します。
返礼品が良いものだと、出資してくれる人が増えます。
また怪しい事業だと思われないように、会社の情報を詳しく伝えてください。
クラウドファンディングを成功させるコツは、出資者から信頼されることです。
そして自分がクラウドファンディングをしていることを、大勢の人に知ってもらいましょう。

▲ TOPへ戻る